鋭い刃と不規則な刃並びで、切れ味が鋭く、食材の繊維と水分を分離させません

根付(和のストラップ)

古来「大根は消化が良く、お腹にあたらない」と言われてきたことから、「大根おろし(おろし金)」は、「難にあたらない」という意味を込めた縁起物とされています。
同じ由来で「あたらない役者(売れない役者)」が「大根役者」と呼ばれるようになるのですが(これについては諸説有ります)、「大根(役者)をおろす」「役をおろす」にかけて、おろし金は「厄をおろす」、「厄除け」の縁起物とされています。
それで、「大根とおろし金」は江戸小紋の柄にもなっています。

また、おろし金は「あたり金」と呼ばれることも多く、江戸の庶民には、その語感からも縁起物として親しまれてきました。

そして現代。宝くじ愛好家が多く訪れることで有名な「宝当神社」。
佐賀県唐津湾の高島にあるこの神社界隈のお土産物屋さんに、縁起物として「あたり金」が置かれていたこともあるそうです。

金運上昇!の洒落で、宝くじ好きなお友達へのプレゼントに。
試験の解答が当たるように(?)、受験生の合格祈願お守りに。
大事な人へ、厄除けのお守りに。
「あたり金(おろし金)」の「根付」はいかがでしょうか。

お問い合わせ・ご注文フォーム
 
根付(和のストラップ)

各1,300円プラス税
素材(おろし金部分):純銅・スズメッキ、長さ:約22mm
素材(根付紐部分):絹100%(金色のみ金糸を使用)、長さ:約9cm(誤差±10mm)

ご注意1:画像の100円硬貨は大きさ比較の為に使っていて実際の商品には付属していません。
ご注意2:商品の写真はお客様のモニター環境によったり撮影時のライティングの関係等により実物と若干異なることがございますので予めご了承下さい。

色のラインナップ
左から赤、江戸紫、金、金茶、紺、うすみどり、こげ茶

 
拡大画像

Facebook

Twitter

おろし金 ネットショップランキング     ネットショップランキング

PAGETOP
Copyright © 株式会社大矢製作所 All Rights Reserved.